>

効果的なビジネス書の読み方

帯に書いてあることがその本の要となる

書店で売られている本には、ほとんどの場合「帯」と呼ばれる紙が巻かれていると思います。
この帯という紙を巻く習慣は、海外ではあまり見かけることはなく日本独自の文化であると言っても過言ではないようです。

帯の存在意義というのは、本の内容がひと目で分かるようにする為だということが分かります。
一番に伝えたい重要な内容であったり、著名な人が推薦している理由であったりと書店を訪れた人の目に留まって購入へとつなげるための戦略であるとも言えるでしょう。
他人が勧めているものが必ずしも優れているとは限りませんが、内容を簡潔に伝えてくれる帯を見て比較検討することは間違いではないようです。

しかし帯を見た瞬間に興味をそそられなかったとしたら、購入を思い止まった方がいいようです。

ビジネスの初心者が陥りやすい失敗とは?

ビジネスの世界に足を踏み入れたばかりの初心者が、右も左も分からないような状態でビジネス書に頼ることはあまりお勧めできません。
具体的な問題に直面した時に、それを解決するための方法を模索していく中でビジネス書を参考にするといった使い方の方が望ましいと思われます。

多くのビジネス書の中から自分にあった一冊を探すためには、初めから無理をしないということが大切です。
後々、必要になるかもしれないと様々なケースを網羅した分厚い本に手を出すよりも、初心者のうちは自分の力量に見合った分かりやすい内容の1センチぐらいの厚さの本から始めることをお勧めします。
初めから難しい内容のビジネス書に手を出してしまうと、内容がチンプンカンプンで途中で挫折してしまうことにもなりかねないのです。


この記事をシェアする