>

便利な要約サービスを利用して選ぶ

合理的な本の探し方

ビジネス書を紹介している文章は、書き手のスキルが大きく関わっていて主観的なものであることも考えられます。
読み手の力量とのバランスがとれていなければ、いくら素晴らしいと言われるビジネス書であったとしても宝の持ち腐れとなってしまうのです。

それに比べて要約サービスなら、できる限り内容に忠実に編集されているはずですから、難しすぎないかどうか今の自分にあっているかどうかを判断する材料になるかもしれません。

本来なら自分で実物を手に取って選んだ方がいいということは言うまでもありませんが、目的の本が決まっていない状態で書店に足を運んだとしても効率的とは言えません。
書店でビジネス書を選ぶ時間も労力も惜しいという場合には、上手に要約サービスを利用してみてはいかがでしょうか?

要約サービスのデメリット

時間に追われるビジネスパーソンが本を探す時間を短縮するために大いに役立つ要約サービスですが、そればかりに頼ってしまうことには賛成できません。
なぜなら、いくらお勧めの本を選んで要約してくれると言っても本の選択が人任せになることで、どうしても情報が偏ったり限られてしまったりするという問題点が出てきてしまうのです。

また時間の節約になると、要約サービスを利用しただけでビジネス書を読んだ気になるのも危険です。
筆者が推敲を重ね一冊の本に仕上げたものが、10分ほどで読み終わるものであるはずがないのです。
たしかに一冊の本を熟読するよりもたくさんの本から少しずつ情報を得た方が有効だと言われていますが、要約することによって自分にとって価値のある一文が省かれているかもしれないというリスクを忘れてはいけません。


この記事をシェアする